くぬぎ村へようこそ

1999年
竹の切り開き
2000年
桟敷作り
2001年
炭焼き
2006年 
10月15日
トイレがきれいに
11月23日
新桟敷作りの開始
12月2・10日
梅の剪定
12月23日〜24日
くぬぎ村で一泊
12月28日
桟敷の屋根作り
2007年
今年はこんなことが・・・
2月10日炭焼き
2月17日開村日
3月17日梅見会
4月29日山菜天ぷらを食べる会
5月20日魚とり
5月26日開村日
9月23日開村日
11月18日開村日



TOP > これまでの活動 2007年2月17日

開村日

昼から天気が崩れるだろうという天気予報。やりたいことがたくさんあったこの日。朝からやるべき事をてきぱきとやって、昼までに何とかやりたいことはやり終えた。
この日やりたかったこと。
1 柿の肥料やり
2 マイはしづくり
3 焼き板
4 そして子どもたちは基地づくり

柿の肥料やり

柿の周囲に穴をほって、そこに肥料をまいて、うめる作業です。

柿の肥料をやっておかないといけない時期。
他に日がとれないので、この日に参加者に手伝ってもらってやってしまおうとこの日一番の作業。

 

おちびちゃん達も
キャーキャー言いながら手伝ってくれた。
頼もしい子どもたち。

アブラゼミの幼虫



あなを掘っていると、アブラゼミの幼虫が出てきた。
セミガラはこれまでたくさん集めてきましたが、生きたままのセミの幼虫を見るのはめずらしい。
「生きてる〜」とみんな集まってきて感激。

子どもたちは秘密基地づくり



こんな大きなあなをほって基地が出来た。
女の子達を入れてあげてやさしい男の子達

マイはしづくり

毎回、お昼ご飯の前には
自分のお箸をつくることにしよう、と、実行委員会で話し合った。

毎回参加していると小刀を使うのが上手になった、というように、参加する子どもたちが何か身につけるものがあってもいいのではという思いからです。


焼板づくり

焼き板をして、それで周りの木に名札をつけたらどうだろうとはじめて焼き板作りに挑戦しました。
初参加のSさんが金ぶらしをつかって上手に見本を作ってくれました。

コクラン

くぬぎ村にコクランが生えていることを、Uさん、そして子どもたちも見つけました。
(はじめて見つけたのは昨年秋だったかな。)

6〜7月に地味な花をつけるそうです。
どんな花が咲くのか楽しみです。


▲ページのトップへもどる




Copyright ©2009  城陽青谷くぬぎ村  All Rights Reserved.