くぬぎ村へようこそ

1999年
竹の切り開き
2000年
桟敷作り
2001年
炭焼き
2006年 
10月15日
トイレがきれいに
11月23日
新桟敷作りの開始
12月2・10日
梅の剪定
12月23日〜24日
くぬぎ村で一泊
12月28日
桟敷の屋根作り
2007年
今年はこんなことが・・・
2月10日炭焼き
2月17日開村日
3月17日梅見会
4月29日山菜天ぷらを食べる会
5月20日魚とり
5月26日開村日
9月23日開村日
11月18日開村日



TOP > これまでの活動 2007年5月20日

魚とりの記録

当初は山城大橋の下で魚とりを計画していました。そこで5月13日に Fさんと2人で下見にいったのですが、何と、魚がいない。
それではと、あちこち探して回りました。近鉄鉄橋の下。100円橋の下。あちこち川原に下りて川に入ってみるのですが、川には魚影すら見えない。
Fさん(掲示板ではオトトさん)が、しきりに川がおかしい、と言います。岸辺に魚が隠れられそうなところが減ってしまった。また、川幅が狭くなって、本流はとても深い感じ。砂がたまって浅くなってしまっているところと、水を流さないといけない本流は、砂利も押し流して粘土がむきだしになっている様子です。
最終的に流れ橋の下にやってきましたが、ここでようやく魚の姿が見えました。そこで本番は流れ橋の下にしました。

魚をとるぞ

始めたころは天気があまりよくなくてとても寒い感じでした。
魚とりに行くぞ!と、はりきって川に入ったもののやっぱり寒い!
魚をとるのがさむいので、砂遊びになったりしました。

水は浅くても、こんな水際に網を入れてみると
今日は結構とれました。

ここは深みもあって、魚がいるかと思ったのですが、なかなかつかまりません。

とれたときの満足感は大きい!
写真は、ギギです。

とれた魚は・・・・。
ヨシノボリ、ドンコ、ヌマチチブ、ギギ、オイカワ、ギンブナ、スジエビ、
ヌマエビ、ガムシ、ヤゴ(ヤンマ系、シオカラトンボ、ハグロトンボまたはカワトンボ)

カメと遊んだ

魚をとるのはちょっとむずかしい。そこで魚とりがうまくいかなかった子も楽しめるように、Fさんがカメをもってきてくれました。
カメにはちょっと迷惑だったかもしれないけれど、子どもたちはカメと心ゆくまで遊びました。



パエリアづくり

毎年、魚とりの昼食は、Uさん手作りのパエリア。Uさんはパエリアをつくる大きな鍋を自分でつくって持っています。工夫を凝らしたこの鍋にも感心しながら、参加したお母さん方、そして大学生も、ちょっとはまっていました。

まだかなあと、炊きあがるのを待つ!

できあがり!!



お魚のはなし

一日の終わりは、お魚博士のFさんによるお魚の話。興味のある子は食い入るように聞いていました。
同志社大学の生物同好会のメンバーにヤゴに詳しい学生がいました。彼はヤゴについて詳しく話してくれました。




▲ページのトップへもどる




Copyright ©2009  城陽青谷くぬぎ村  All Rights Reserved.