くぬぎ村へようこそ

1999年
竹の切り開き
2000年
桟敷作り
2001年
炭焼き
2006年 
10月15日
トイレがきれいに
11月23日
新桟敷作りの開始
12月2・10日
梅の剪定
12月23日〜24日
くぬぎ村で一泊
12月28日
桟敷の屋根作り
2007年
今年はこんなことが・・・
2月10日炭焼き
2月17日開村日
3月17日梅見会
4月29日山菜天ぷらを食べる会
5月20日魚とり
5月26日開村日
9月23日開村日
11月18日開村日


 

TOP > これまでの活動 2007年今年はこんなことがしたい

子どもたちが、ここにきたら勝手に想像力を働かせて遊び始める。
くぬぎ村はそんな場所です。
今年は、そんな活動がしやすいような条件をもっとそろえていきたいと思っています。

1 つる
 これまで基地づくりで木をくくりつけるのにロープを使っていましたが、やっぱり自然の素材がいい。蔓植物のツルを集めたいと思います。ヘクソカズラ、フジ、アケビなど。

2 布
 基地を作ったら、自分たちの旗を立てたいでしょう。旗をつくるのに、布がいります。
 そんなきれいな布でなくても布の切れ端を置いてもいいなあと思います。
 (でも布は散らかると、ゴミのような雰囲気がありますので使い方は気をつけたい。やっぱり自然を汚すような使い方はしたくない。)

3,木ぎれ
 竹だけでなく、材木やさんで木ぎれをもらってきておいてやってもいいかな。
 子どもたちはそんなものでも遊べるのでは。
 どんなことができるかは、これからの子どもたちの様子を見て考えましょう。

くぬぎの木のまわりの竹を切ってやると、クヌギが元気になりました。
竹がなくなって、クヌギやコナラが枝を張ったところは、空の形が美しい。
こんな美しい空をもっと広げたい。
そう思いました。
もっと竹を切り開いて、雑木を増やしたいと、
中には普段でもこつこつと竹を切ってくれている人もいます。

私達は農業の素人ばっかり。
まだまだ知らないことが多い。
堆肥の作り方、シイタケの育て方、カブトムシの産卵場づくり
そんなことを
本で知ったり、人から聞いたりしながら
実験していきたいと思います。
土器を焼いてみたりもしたい…

良い炭焼き窯ができました。
淡竹で炭を焼いてみたら、とても良い焼け具合。
やはり孟宗竹やクヌギで炭を焼いてみたいと
意欲を燃やしています。

昨年柿がダメになったので今年こそは炭疽菌にやられないようにとしっかり柿の皮はぎをしました。
草取りもしっかりし、きれいな畑になってきました。
すると、ここの畑の気持ちの良いこと。
この手入れされた畑の気持ちよさを多くの人に体感してほしい。

くぬぎ村にやってきておもしろいと言ってくれる人、くぬぎ村に行ってみたいといういう人が増えています。
たくさんの人にここに集まってきていただき、そして創造力をかきたててほしい。
子どもたちにこんな事が必要なんだ。
自然、環境を守るためにこんな活動が必要なんだとお互いの意見を交流したい。
くぬぎ村はそんなことが可能な場所です。

▲ページのトップへもどる

 




Copyright ©2009  城陽青谷くぬぎ村  All Rights Reserved.